« 発見!幻の黒澤フィルム | トップページ | 『真実のマレーネ・デートリッヒ』 筋金入り »

2008年3月 5日 (水)

『白痴』完全版の行方

 黒澤明が亡くなった時、キネマ旬報の追悼号で、熊井啓監督は『白痴』完全版を確認したと書いた。
 以来、続報がないので気になって友人に尋ねたところ、以下のように答えてきた。

 4時間以上ある『白痴』完全版は、東劇と札幌小樽でロードショー公開したときに使用したプリントで全部で3本あった。
 その後、2番館3番館でも上映されたが、損傷のため2本がジャンクされた。
 残り1本が不明な訳だが、1960年代に長野県で短縮版(現在観られるバージョン)にないシーンを観たとの証言があった。
 熊井啓は、その証言を元に探し出した可能性が高いとのこと。
 地方の映画館があい次いで閉館した時、映画好きが手に入れたのではないかと、これは友人の推測。

 事実なら、大発見です。

|

« 発見!幻の黒澤フィルム | トップページ | 『真実のマレーネ・デートリッヒ』 筋金入り »

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/534403/10981949

この記事へのトラックバック一覧です: 『白痴』完全版の行方:

« 発見!幻の黒澤フィルム | トップページ | 『真実のマレーネ・デートリッヒ』 筋金入り »